内容証明郵便作成

内容証明の使い道

契約は意思表示(口約束)によって成立するのが原則なのですが、その意思を形成する
過程やその後の契約の内容の実行で問題があったら困りますね。

意思の形成過程などの段階で考えられる問題となる例

1.むりやり高価な商品を買わされた。

どこかの小部屋に言葉巧みに誘い込まれ、契約書にサインするまで帰さないと言われ
(露骨に言わなくてもそういう空気で)仕方なく契約してしまった。などです。

2.知り合いから車や家を買ったけど、お金払ったのに、引渡しをしてくれない。

正しい方法で、しっかり引渡しを請求しましょう。

3.上記2の様な売買契約が成立し、引渡しを受けたら、実はその品物に重大な瑕疵が
あった。

瑕疵とは法律用語なんですが、簡単に言うと故障などを指し、
買った目的を達成出来なくなるような事です。

4.知り合いにお金を貸したのに誤魔化してばかりで、返してくれない。

後々のために、公的な証拠として残せるような方法で相手の方に請求しておく
必要があります。ただ、場合によっては火種が大きくなるため、個人間で利用する場合は
それなりに配慮が必要です。


上記のようなお悩みをお持ちの方、ご相談下さい。

取り扱い業務別の行政書士事務所検索はこちらからご利用いただけます。

お問い合わせ
Pagetop